八木 史記 展

板室温泉大黒屋では2018年10月1日(月)から10月30日(火)まで第12回大黒屋現代アート公募展大賞受賞者、八木史記による個展を開催いたします。
 
 
 
 
「むかし、大きな橋の下やトンネルの中などで、その壁面をぼーっと眺めていると、コンクリートの塊の無機質で不気味な存在感に圧倒されることがありました。そんな時、自分の存在がとても脆弱なものに感じられ、うっすら絶望的な気分になってしまうほどでした。この無機質で凶暴な質感の人工物を制作の素材としてあえて用い、有機的な自然の形や、とらえどころのない記憶・意識が喚起されるような空間をつくり出すことを目指しています。それが、素材と、自己や自然との関係性を探っていくアプローチだと思っています。」

八木 史記

 
 
八木は子供の頃に感じたコンクリートがもつ圧倒的な存在感に対する原風景を基に、モルタルを作品の素材として制作しています。その人工的で無機質な素材を用い、樹木や葉、蔦などの自然の有機的な形をかたどることで、自然と人工物の関係性を追求し、その対にある関係性をあえて作品の素材と要素として内包させることで新しい風景を浮かび上がらせます。
公募展の大賞受賞からおよそ1年半、じっくりと時間をかけて制作してきた作品です。大小含め全22点を展示いたします。是非この機会にご高覧いただけたら幸いです。
 


 
 
*10月18日(木)20時からサロンにてアートを語る会(アーティストトーク)を行ないます。
*作家在廊予定日:10/6、7、18、19、20
*展覧会情報、作品画像等は大黒屋Blogにて更新しております。
プレスリリース


しえんギャラリー

しえんギャラリー

時間:09:00~17:00

北の館 1F

旅館より徒歩5分4階建の北の館1階のギャラリー
大黒屋が支援する作家の作品を主に展示しております。

倉庫美術館-菅 木志雄-

菅 木志雄 倉庫美術館

時間 : 10:00から約1時間(要予約)

料金 : 500円

アーティスト菅木志雄の作品のみを常時展示している美術館です。
スタッフが庭の作品などもあわせて毎日案内しています。

現代アートと大黒屋
なぜアートなのか それは アートの持つエネルギーが我々の持つ美意識に働きかけてくれるからです 日常忘れかけている心の美に気づきそれに触れるとき・・・ 我々は本当の自分に出会えるのではないでしょうか 浴衣姿になってアートに触れる・・・ 美術館では味わえない開放感と 一筋の緊張感・・・ そこにこそ 本来の心地よさがあるように思います 板室の自然とアートが調和する空間で心身ともにリフレッシュしていただきたい それが大黒屋の願いです

なぜアートなのか
それは アートの持つエネルギーが我々の持つ美意識に働きかけてくれるからです
日常忘れかけている心の美に気づきそれに触れるとき・・・
我々は本当の自分に出会えるのではないでしょうか
浴衣姿になってアートに触れる・・・ 美術館では味わえない開放感と
一筋の緊張感・・・ そこにこそ 本来の心地よさがあるように思います
板室の自然とアートが調和する空間で心身ともにリフレッシュしていただきたい
それが大黒屋の願いです