羽生 野亜 展 -木工-

板室温泉大黒屋では、2021 年 4月 1 日 (木) より 4 月 26 日 (月) まで、木工・家具作家の、羽生 野亜展を開催いたします。  
羽生は、多摩美術大学の立体デザイン科を卒業し、工業デザイナーとして勤務。その後、木工作家として独立しました。羽生の作品は一見、古木、流木を削り出したように感じますが、すべて新しい木を独自の技法で削り出し、化学染料や草木染め等で色をだして、ウレタン塗装で仕上げています。自身では「木彫をやっているような感覚」と話す作品は、見方によっては石のようでもあり、また古木のような深みある味わいは、唯一無二の作品です。
約6年ぶりとなる大黒屋での個展。ソファテーブル、サイドテーブル、飾り棚、器など、多くの作品が一同にご覧いただけます。この機会にぜひご高覧ください。

会期:2021年4月1日(木) − 4月26日(月) 9:00 – 17:00
会場:板室温泉大黒屋サロン
作家在廊予定日: 4月1日
会期中の休館日: 4月13 – 15日
* 4/16のみ、12時から開館


しえんギャラリー

しえんギャラリー

時間:09:00~17:00

北の館 1F

旅館より徒歩5分4階建の北の館1階のギャラリー
大黒屋が支援する作家の作品を主に展示しております。

倉庫美術館-菅 木志雄-

菅 木志雄 倉庫美術館

時間 : 10:00から約1時間(要予約)

料金 : 500円

アーティスト菅木志雄の作品のみを常時展示している美術館です。
スタッフが庭の作品などもあわせて毎日案内しています。

現代アートと大黒屋
なぜアートなのか それは アートの持つエネルギーが我々の持つ美意識に働きかけてくれるからです 日常忘れかけている心の美に気づきそれに触れるとき・・・ 我々は本当の自分に出会えるのではないでしょうか 浴衣姿になってアートに触れる・・・ 美術館では味わえない開放感と 一筋の緊張感・・・ そこにこそ 本来の心地よさがあるように思います 板室の自然とアートが調和する空間で心身ともにリフレッシュしていただきたい それが大黒屋の願いです

なぜアートなのか
それは アートの持つエネルギーが我々の持つ美意識に働きかけてくれるからです
日常忘れかけている心の美に気づきそれに触れるとき・・・
我々は本当の自分に出会えるのではないでしょうか
浴衣姿になってアートに触れる・・・ 美術館では味わえない開放感と
一筋の緊張感・・・ そこにこそ 本来の心地よさがあるように思います
板室の自然とアートが調和する空間で心身ともにリフレッシュしていただきたい
それが大黒屋の願いです