吉村 昌也 展

板室温泉大黒屋では2018年5月1日(火)より5月30日(水)まで、陶芸家 吉村昌也の個展を開催いたします。

茨城県笠間市に工房をかまえ、化粧土を用いて白い肌をつくる粉引の名手として知られる吉村さんは、粉引の発祥といわれる李氏朝鮮時代の作品に影響を受けたといいます。
本展では李朝時代に製作された高台をもつ「祭器」を現代の作家の手で解釈した「現代の祭器」を目指した作品を出品します。デザインに精通し、ねじれや鋭利な波形など従来のうつわの概念を超えた斬新な造形が特徴の吉村さんの作品が、祭器というハレの器になることにより新たな姿を見られることでしょう。
是非ご高覧ください。
 
 
*5月18日(金)20時からサロンにてアートを語る会(アーティストトーク)を行ないます。
*作家在廊予定日:5月1日 – 5月6日、毎週土・日曜日の予定
展覧会情報、作品画像等は大黒屋Blogにて更新しております。
プレスリリース
 
 


 
 
 
【略歴】
1938年 大阪市に生まれる

1965年 桑沢デザイン研究所第二部修了

1968年 日本陶芸倶楽部(東京)にて陶芸を始める

1975年 茨城県笠間市に「なずな工房」開設

1993年「現代陶芸うつわ考」埼玉県立近代美術館

2013年「素白と玄黒」8/ART GALLERY/Tomio Koyama Gallery(東京)
ほか個展・グループ展多数

【パブリックコレクション】
1987年 クリーブランド美術館
1992年 大英博物館


支援ギャラリー

支援ギャラリー

時間:09:00~17:00

北の館 1F

旅館より徒歩5分4階建の北の館1階のギャラリー
大黒屋が支援する作家の作品を主に展示しております。

器の展示室

器の展示室

大黒屋スタジオ 1F

毎月大黒屋スタッフが四季折々に合った様々な器を展示しています。
また、グループ(五~八名程)のお客さまの食事会場になります。

倉庫美術館-菅 木志雄-

菅 木志雄 倉庫美術館

時間 : 10:00から約1時間(要予約)

料金 : 500円

アーティスト菅木志雄の作品のみを常時展示している美術館です。
スタッフが庭の作品などもあわせて毎日案内しています。

現代アートと大黒屋
なぜアートなのか それは アートの持つエネルギーが我々の持つ美意識に働きかけてくれるからです 日常忘れかけている心の美に気づきそれに触れるとき・・・ 我々は本当の自分に出会えるのではないでしょうか 浴衣姿になってアートに触れる・・・ 美術館では味わえない開放感と 一筋の緊張感・・・ そこにこそ 本来の心地よさがあるように思います 板室の自然とアートが調和する空間で心身ともにリフレッシュしていただきたい それが大黒屋の願いです

なぜアートなのか
それは アートの持つエネルギーが我々の持つ美意識に働きかけてくれるからです
日常忘れかけている心の美に気づきそれに触れるとき・・・
我々は本当の自分に出会えるのではないでしょうか
浴衣姿になってアートに触れる・・・ 美術館では味わえない開放感と
一筋の緊張感・・・ そこにこそ 本来の心地よさがあるように思います
板室の自然とアートが調和する空間で心身ともにリフレッシュしていただきたい
それが大黒屋の願いです